業務案内

ここからケーススタディ02です

ケーススタディ01

CASE STADY 01/航空機エンジン部品用輸出梱包箱の開発

航空エンジン部品の1WAY輸出梱包箱を段ボール製で、
かつコンカレントエンジニアリングで開発出来ないでしょうか?

最終組立後の輸出形状予定寸法から事前設計に取り組みました。
 
 着眼点1 
コンカレントエンジニアリングであり最終寸法が未定。外装は予想最大寸法とし、内材で部品との干渉が予想箇所は現物合わせする前提で設計着手しました。
 
 着眼点2 
製品重量100kgで、段積かつ船便輸出に耐えられる仕様で設計し、事前に振動試験、圧縮試験及び落下試験にて検証することとしました。
 
 着眼点3 
製品組立直後に梱包して出荷するので、部品ハンドリング距離を最小化に出来る胴枠分割仕様にて設計しました。

最終組立状態での現物合わせを踏まえ、設計とし輸出箱を完成させました。また初号機において、輸出先での開梱後に部品ダメージが無い事を確認しました。最終仕様は、上下トレイは強化芯ダブルフルート、胴枠はAA強化段ボールとして強度を確保しつつコスト低減に努めました。量産採用も決定し、今後は部品出荷に合わせた円滑な梱包箱の供給を目指します。

このページのトップへ

長江紙器株式会社   〒486-0912 愛知県春日井市高山町2-16-9   TEL 0568-31-5887  FAX 0568-33-7026

Copyright © 2011 NAGAE-SIKI Co.,ltd. All right reserved.